読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

「和楽」 野々市市押越

嫁と食事をしたい両親からの誘いで、
父の快気祝いという名目で食事をしてきました。
実家に近い野々市市押越に昨年11月にオープンした「和楽」。

何がお勧めか調べてもほとんど情報がなく、
単品だと嫁が遠慮するかもしれないので、
1番安い4000円(+税)のコースを予約。
付き出しはホタルイカと大根すし。

刺身はサワラのソデ・赤身・甘海老・車鯛とカンパチ?
サワラは石川県で言うカジキマグロのことで、
ソデは脂が乗っていて美味い部分。

碗物は鯛のあら煮(正式名称は分からず)?
口にした途端に「この店で正解!」と思いました。
優しい味。
大根も入っていて、嫁はこの大根に脱帽だったらしい。
自分は既に酔っ払っていたので、大根の存在は完全に失念。

焼物は銀ダラの西京焼きと出汁巻き。
単品で出汁巻きを注文した直後の提供でした。
脂の乗った銀ダラは旨い!

揚物は石鯛 ・ふきのとう・金時草・のし梅。
スーパーに寄ってから「和楽」に来たんですが、
ふきのとうを見かけ、「天ぷら食べたい」と言ったところ。
金時草(きんじそう)は加賀野菜の一つ。
のし梅の天ぷらって不思議ですよね。
酔った自分以外で謎解きが始まり、
「果物?」の後に嫁か母が正解していました。

酢の物が食事の前ってどうなの?と思っていたら、
まさかの白子酢!
ボリュームだっぷりで大満足でした。

〆の食事はたまご雑炊。
こちらも優しい味でほっこり。

ここからは追加注文したもの。
店主自慢の国産和牛の和風ローストビーフ(1480円+税)。
1人1切れで約300円。
父の奢りでないとなかなか注文てきないかも。

出汁の効いた出汁巻き(750円+税)。
コースの方は冷えていたので、注文した甲斐はあったかと。

しめ鯖と梅貝の刺身。
厚めに切ってあり、浅く〆たしめ鯖で飲むビールは旨い。
生中4杯と店主自家製の12年物の梅酒でベロンベロンになりました。