読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

「冬の風物詩 勝山 年の市」 福井県勝山市

福井県勝山市の「勝山 年の市」に行って来ました。

1700年中頃から12月26日と1月26日に行われ、現在は1月の最終日曜日に行われているそうです。

勝山へは白山の山越えが最短ルートではあるけれど、雪や路面凍結に用心して8号線を通って2時間弱。開始から30分ほど経った9:00に会場に到着しました。

f:id:totetu:20170129161344j:image

勝山市の市役所からすぐの本町通りが会場。

チラシを見ると50店以上が出店の、大規模な市でした。

食品を中心に野菜や木工品などどれも格安。

勝山はイチョウのまな板が有名なのか、何店も出店していました。嫁はかなり安く漆塗りのランチョンマットを購入。

f:id:totetu:20170129161357j:image

大豆をすった郷土料理、じんだ汁(100円)。

ズボンを通ってくる冷気がとても寒く、これで身体が温まりました。

エゴマかりん糖饅頭もとても美味でした。f:id:totetu:20170129161416j:image

500食限定で無料で振舞われていた、御恩田汁(ごんだじる)。オマケで鮭の麹漬けと白米も。

地場野菜入りの甘めの汁でした。 f:id:totetu:20170129161425j:image

あまごの塩焼き(一尾200円)。

あまごとは「渓流の女王」と呼ばれている、鮭の仲間。

鮎や岩魚と比べるとあっさりで、個人的にはこちらの方が好み。値段も半分くらい?

他に押し寿司と骨せんべいも購入。

f:id:totetu:20170129161438j:image

バッテラといなり寿司。 

いなり寿司は嫁が言うには餅米かも、とのこと。

ゴマ入りのシンプルだけど癖になる美味しさ。

f:id:totetu:20170129161444j:image

越前おろしそば(冷、400円)。

蕎麦打ちの会みたいなグループが目の前で打ち、お値打ちな価格で食べさせてくれました。

コシがあり汁も美味しい。

もう一杯食うかと迷うも、帰ったら嫁は蕎麦打ち体験。夕食も蕎麦なのでこれにて終了。

他に豆腐3丁と厚揚げ2つで500円、シフォンケーキ・苺大福なんかも買い、お得で楽しいイベントでした。

帰りは白山越え。勝山も白山も道路状況は良かったけど凄い積雪でした。

f:id:totetu:20170129181159j:image

今日の夕飯。

嫁の打った蕎麦もコシがあって美味しかったです。

嫁が塩昆布で作ってみたサワラの昆布締め(ちょっと違う)、ガスエビの唐揚げ、勝山の厚揚げ。