読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

奈良オクトーバーフェスト2016

舞台 旅行

18日の続き。次は大和西大寺駅の近くの「一勇翔壮」。
社会人になってからも何度か来ているんですが、ここでヒッサツ丼と生中で昼食。
が、店に行くと営業時間が夜のみに変わっていました。ガックリ。

次は奈良公園でやっている奈良オクトーバーフェストへ。
空腹でかなりの暑さ。これでドイツビールを飲むのはマズいかもと思いつつ。
奈良公園興福寺国立博物館の間辺り、歴史溢れる中でドイツビールを堪能です。(全く建造物は目に入らず)。

意外と空いていると思ったら、ほぼ屋内の席もありこちらは満席でイベントっぽい賑やかさ。
一方の屋外席はもう酔っ払うだけで、途中でiPhone熱暴走で動作しなくなるほどでした。

これから三重県へ行くので1杯だけ、そもそも1人だと荷物もあるのでお代わりしずらいし。
12:00で列はほとんどなく、300円のクーポンブックを買って、「ヴァイエンシュテファン」へ。
ヴィトゥス、500ml(1400→1200円)。「守護神」という名の濃い白ビール系。

写真を撮るためにパラソルの日陰があるところで飲み始め、おっちゃん3人組に話しかけて荷物番をお願いしてお代わり。
「アルコブロイ」のアルコブロイセット(3400→3200円)。
ソーセージ盛り合わせ(2000円)とヴァイスビアヘルだったかな?の500mlのセット。
金沢でも食べたことがあるけど、ここのソーセージはとても美味。
カリーブルスト、フランクフルト、白ソーセージ、ボックヴルスト(山羊?)。

「パウラーナー」のサルバトーレ、500ml(1500→1300円)。
飲み始めて1時間ちょい。予定では三重県へ向かう電車に乗っているはずでした。
会話も弾み気持ちよく、友人に渡すつもりだったお菓子を振る舞うほど楽しい飲みでした。おっちゃん2人は70代、も1人は50代。50代の方も初対面だそうです。

2人組ど別れ、どうしてもお礼がしたいと「クロンバッハ」の何か忘れたけど300mlをご馳走に。
こちらからはドイツ産生ハムと6種のピクルスのオードブル(1200円)を。
写真と違うのはご愛嬌、ピクルスは6種類もある?というツッコミ。

生ハムの写真は13:42なんだけど、この写真は14:32。
場所は目と鼻の先なんだけど、50分間も2人で飲んでいたのかは不明。