涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

「やきとりの名門 秋吉」 金沢市香林坊

平日休みの前夜に「秋吉」で飲もうと父から言われ、年内の平日休みなんてそんなにないなと早速行って来ました。

f:id:totetu:20170926121912j:image

香林坊にある、福井県に本社のある「やきとりの名門  秋吉」。

調べたら石川や富山よりも大阪の方が店舗数が多いんですね。

ここ数年はテイクアウトすることが多かったんですが、食べること自体も本当に久しぶりかもしれない。

「秋吉」は5本で300円前後の小ぶりなもの。

レシートを見るとやきとりは11回注文しているので55本。

やきとりが大好きな父は食が細くなったーと言い、、遠慮なくパクパク食べたので30本以上は食べたのか。

f:id:totetu:20170926121923j:image

串カツ、310円。一口サイズの串カツは熱々で美味しい。他にもキムチや父はここの冷奴が好物らしいので単品もいくつか。

自分は生中3杯に父は2杯、瓶ビール1本であっという間の1時間でした。お腹いっぱい。

〆に回転寿司に行きたがったけど、残念ながら臨時休業日。

それぞれ家族にお土産といつもの巻寿司を買い、トイレに寄ったパチンコ店で父が打ち始め。こちらは自販機でコーヒーを飲み、アイスを食べ、ゲームをし、たまにはこう言うのも悪くないかと1時間くらいぼーっとしていました。

f:id:totetu:20170926121933j:image

「七度」と言うどん屋があったので、ざるうどん(600円)と、

f:id:totetu:20170926121945j:image

カツ丼(800円)で〆。

とてもコシのあるうどん。知らないだけだろうけど、片町でうどんや丼で〆られるなんて嬉しい発見でした。

「道の駅 のと千里浜」 石川県羽咋市千里浜町

f:id:totetu:20170924164729j:image

秋晴れの気持ちの良い日。嫁の運転で、7月にオープンした「道の駅 のと千里浜」に行って来ました。

金沢から能登へ向かう、のと里山海道を千里浜で降りてすぐ。

日本で唯一、砂浜をドライブできる「千里浜なぎさドライブウェイ」のあるところです。f:id:totetu:20170924164745j:image

能登町に本店のある超有名な「マルガージェラート」もありました。

トリプル(540円)をシェア。

羽咋クリームチーズ・イチジクソルベ・能登プレミアムミルクの3種に、おまけでスプーンにちょっとオレンジバニラのマスカルポーネチーズも。

特にイチジクが美味。食べてみたいのがいろいろあり、3種選ぶのに迷いました。 そこそこ近所にも店はあるので、いつでも食べることは可能ではあるんですが。

f:id:totetu:20170924164903j:image

朝食抜きでレストランに入るつもりだったけど、焼きたてのパンやおにぎりを買ってベンチでブランチ。

写真は「のとしし」(能登産イノシシ肉)のカレーパン。ルウがたっぷりで、カレーライスとして食べたい味でした。

パンは玄米粉を使ったもので、どのパンもふわふわもちもち。お代わりにまた買いに行きました。

f:id:totetu:20170924164804j:image

案内板なんかのイラストやデザインが好み。トイレの男性用・女性用なんかもポップでした。

レストランが「 のとののど」と言う名前で、ダジャレかなと思っていたら。羽咋市能登半島の入り口だから、「能登ののど」だそうです。

f:id:totetu:20170924164820j:image

大黒様の砂像もありました。

イノシシなのは能登産イノシシ推しだから?

周りの小さいものはいろんなアニメキャラクター。

f:id:totetu:20170924164833j:image

車から降りて最初に目に入って来たのが「ゴゴゴゴゴ・・・」とジョジョっぽいもの。

羽咋駅には擬音オブジェがいくつもあり、それモチーフのよう。

擬音に目がいって最初は分からなかったけど、人がUFOに吸い込まれていますね。羽咋市は「UFOのまち」でもあり、「コスモアイル羽咋」と言う博物館もあります。

f:id:totetu:20170924164848j:image

羽咋米の米俵の上に乗ったイノシシ。

道の駅で売られていた羽咋米は10kgで1万円でした。

大黒様の背負った袋の文字が紛れもなくジョジョf:id:totetu:20170924164917j:image

帰りに久しぶりのアウトレット。

牛の角がこうなのは、源義仲と平家軍との合戦の倶利伽羅峠の戦いがここら辺であったから。牛の角に松明を括り付けて、と言う。

f:id:totetu:20170924164928j:image

「菓ふぇ MURAKAMI」 金沢市泉本町

f:id:totetu:20170917162919j:image

両親と妹を誘って、「菓ふぇ MURAKAMI」へ行って来ました。

まずはサービスの緑茶とお茶請け。

お茶請けは今回はわらび餅でした。味も良いですが、食感が気に入りました。

台風直撃直前の寒い日。かき氷を食べると人よりも頭がキーンとしやすいので苦手なんですが、大好きな葡萄のスイーツだから食べねばとこちらを注文。

f:id:totetu:20170917162934j:image

かき氷、季節限定の「葡萄」 。お茶が付いて900円。

前に来た時にかき氷を注文している子がいて、その大きさに嫁と盛り上がっていました。今回は自分が注目される番、と言うくらいにボリュームたっぷりのかき氷です。高さや大きさの分かる写真を撮らなかったことを後悔しています。

大粒の巨峰とマスカット、冷やし団子もトッピング。

底に隠れていた葡萄はシャリシャリに近いくらいに冷えていました。

f:id:totetu:20170920180853j:image

団子やおはぎ等のバラ売りの和菓子やパンケーキ以外に付くお茶。緑茶とほうじ茶から選べます。

単品で頼むと250円なので、ほとんどのスイーツは実質−250円のようなものです。

f:id:totetu:20170917163338j:image

たっぷりの練乳エスプーマと食べるかき氷は甘くて幸せ。

グラスに入った赤ワインと白ワインの2層の葡萄ソースをかけると、リッチな葡萄のかき氷になりより一層幸福感が増しました。笑顔。

f:id:totetu:20170917162946j:image

焼きもち(450円)。 

嫁が注文。前に自分が食べ、餅は小さいけどあまりのコスパの高さに驚いた品です。

こちらもお茶が付いているので、実質的に250円。f:id:totetu:20170917162957j:image

抹茶白玉(600円)。 

父はこちらを。濃そうな抹茶が良いですね。

足りなかったようでおはぎを追加していました。

f:id:totetu:20170917163007j:image

クリームあんみつ(850円)。

母はこちらを。白玉が本当に美味しそうな形です。 

f:id:totetu:20170917163017j:image

あずき茶会(950円)。

妹はこちらの米粉の和パンケーキ。

単品の和菓子にはお茶が付くけど、パンケーキには付かないのでちょっと割高感。

上下の焼き色と溢れてきそうなふわっふわな中身、ヨダレが・・・。

後ろに鎮座する生クリームと餡の一体感も素晴らしい。

大きくて2枚は甘すぎてキツイと行ってた割に、母には分けていたのにこちらには回って来ませんでした。