涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

「中国家庭料理 京華」 生ビールセット

14日(土)の仕事終わり。軽く夕食を済ませてから、予告通りには生ビールを求めて、『ドラクエウォーク』を起動しつつ歩き始めました。

少しすると、生ビールはいらないのではと思うランニングハイ状態。実際はランニングではなくてウォーキングだったし、このまま帰ると後悔するなと思って店には入ったんですが、ひょっとしたら良い傾向かもしれません。

f:id:totetu:20190916090134j:image

で、いつもの「京華」でいつもの生ビールセットを注文。980円で生ビール等のドリンクと25種類の料理から2品を選択。

前回は揚げ物2品でキツく、かと言ってサラダなんかはコスパが低そうなので選びたくはありません。
f:id:totetu:20190916090127j:image

まずは若鶏の唐揚げ。前にも食べたけど、嬉しくなるほど大きなものが来ました。ただ時間的に忙しく、揚げ置きなのか熱々でなかったのが残念。
f:id:totetu:20190916090137j:image

こちらもいつもの炒飯。生ビールセットにプラス400円でラーメンか炒飯を付けられます。

生ビールはいつでも380円。お代わりをしました。
f:id:totetu:20190916090131j:image

もう1品はニラレバ炒め。レバーがとても美味しい。モヤシで見えないですが、それなりにレバーが入ってました。

結婚後は焼肉を食べに行くことはほとんどなく、さらにレバーは父や友人がいないと食べることはなかなかないですし。生ビールセットの定番になりそうです。

「吉野家」と『ドラクエウォーク』はじめました。

13日(金)の早朝。

白米なら分かるけど、未だに玄米の炊飯の仕方が分かりません。嫁が前日に機嫌を損ね、炊飯予約はされていなくて冷凍庫にもあまりなく。

f:id:totetu:20190916080010j:image

通勤途中の5:30に「すき家」に行くと、店内は暗くて遠目には入口に貼り紙がされてる模様。6:00過ぎに通ると開店していると思うので、日によるのか30分の違いなのか。

お腹がもう牛丼を求め、コンビニでは満たされそうにないので、反対車線の「吉野家」に行くことにしました。

f:id:totetu:20190913214351j:image

牛丼(並)とBセット(380円+150円)。

久しぶりの牛丼は美味しいけど、つゆだくか追加で生卵が欲しい。「すき家」だとこれに生卵が付く、500円のセットもあり。

f:id:totetu:20190916080338p:image

ウォーキングやランニングついでに、1日遅れ?で『ドラクエウォーク』を始めました。ついつい歩き過ぎるのが難点。写真は初めての10連の結果。

「中華料理 珉来」 金沢市三馬

8日(日)。

ひと時の涼しかった日が懐かしい。猛暑がまだまだ続いていますが、多少はウォーキングしようかと思えるくらいの気温や湿度なのが救い。

f:id:totetu:20190908185257j:image

嫁がエントリーをほとんど勝手に進めた野々市市のマラソン大会は来月。わずか3kmのトリムジョギングですが、歩く専門の自分にはまだ遠い道のりです。

f:id:totetu:20190908185245j:image

片町まで自転車で行き、買いたいと思える本に出会えなかったので大桑へも。昼食はどこも決め手に欠けたので、そこそこ近所の「中華料理 珉来」にしました。

f:id:totetu:20190908185526j:image

メニューの一部。単品料理もいろいろあるので、いつか嫁の運転で飲みに来たい。

前回は一口カツ・肉だんご・野菜炒めの「サービス定食」でした。
f:id:totetu:20190908185253j:image

ミニ焼めし(ラーメン付き、700円)。

できればミニなのは焼めしではなく、ラーメンの方が良い。

f:id:totetu:20190908185442j:image

ギョーザ(290円)。

ギョーザを追加しても990円。外がパリッとしたタイプではなく、身も皮も柔らかでほくほく。こんな乱暴な盛付けも味があって良いかも。
f:id:totetu:20190908185432j:image

昔ながらの中華そば。

歳のせいか「天下一品」のこってり以外はこういうのが好きになってきました。スープも飲み干してしまう。

f:id:totetu:20190908185436j:image

焼めしとチャーハンの違いは分かりませんが、チャーハンではなく正に焼めしという感じ。

予想外にご飯と紅ショウガが共に口に入り、咀嚼した時の幸福感が堪らない。

文芸オタクの私が教える バズる文章教室

文芸オタクの私が教える バズる文章教室

 

たまに文章の書き方を教える本が欲しくなります。様々な作家の文章を例文とし、どの点がバズるのかを説明しているので分かりやすい。

「バズる言葉選び」というチャプターの、「共通言語投入モデル 松井玲奈の国民力 万人に通用する例を出す。」。よく読んでいた彼女のブログを挙げ、なるほど〜と思ったり。

市川美織1st写真集 PRIVATE

市川美織1st写真集 PRIVATE

 

現在25歳。広島レモン大使・久喜市くき親善大使で、元AKB48・元NMB48のフレッシュレモンこと市川美織さんの1st写真集。ご祝儀的に買ってみました(言い訳)。

撮影は広島で、下着姿もあるけど至って健康的。大人になって、少しだけセクシーでした(表情のみかな)。

おいしいパターンで気ままに作るごはん

おいしいパターンで気ままに作るごはん

 

無趣味を戒められ、とりあえず料理の腕を上げようとレシピ本を1冊は買おうと選んだ本。もう終わっていましたが、書店に並んでいるのはキャンペーン用のカバーがしてあるかと思います。

「蒸すだけ」、「焼くだけ」、「あえるだけ」の3パターンを教えてくれる本です。

僕のワンダフル・ジャーニー (新潮文庫)

僕のワンダフル・ジャーニー (新潮文庫)

 

以前に母から誕生祝いに貰った図書カードを使い切ろうと、最後に選んだ本はこちら。

『野良犬トビーの愛すべき転生』(映画タイトルは『僕のワンダフル・ライフ』)の続編。9月13日から映画が公開されます。こちらも映画用の別カバーがされています。