読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

根元 八幡屋礒五郎「横町カフェ」 長野県長野市横町

f:id:totetu:20170420204005j:image

15日(土)の昼食にはちょっと早い時間。

信州土産で最も有名かもしれない七味の、「八幡屋礒五郎」のカフェに入りました。

 一昨年の善光寺御開帳の時に入らなかったことを激しく後悔し、今回こそはと楽しみにしていました。

f:id:totetu:20170420204538j:image

3種の横町カレー(1280円)、
信州味噌スープ(ミニ)付き(+200円)。 

f:id:totetu:20170420204602j:image

各テーブルに七味類がどっさり。

1つも使わなかったけど。 

f:id:totetu:20170420204030j:image

単品メニューからの抜粋等、上から。

赤カレー(バターチキン) 。トマトベースのルウ。単品だと自家製七味バターが付き、溶かしながらコクと辛さの変化を楽しむことも。

黒カレー(信州牛ゴロゴロ)。商品にもある「七味ガラムマサラ」をさらに焙煎し、独特な香りと痛快な辛さのルウに。

緑カレー(ベジタブル)。ホウレンソウベースのルウに信州産キノコをたっぷり使用。さっぱりとした味わいとココナッツのマイルドさが特徴。

黒カレーが甘さの後にガツンと尾をひく辛さが来て、他のカレーの味が全て消し飛ぶ。店員さんが何度もお冷のお代わりを持って来てくれるほど。

で、癖になる美味しさ。機会があれば単品で黒カレーを存分に味わいたい。

f:id:totetu:20170420204411j:image

200円で追加できる信州味噌スープ(ミニ)。

野菜がお洒落な切り方と言った覚えがあるけれど、どんな形だったかは全く覚えていず。

味噌汁の英訳である「ミソスープ」ではなく、「味噌スープ」と書きくなる気持ちが分かる味でした。

f:id:totetu:20170420204431j:image

ご飯は男性には少し少なめ。

嫁から半分くらい回ってきて、これでお腹的にもルウ的にもちょうどでした。 

f:id:totetu:20170420204454j:image

600円前後のドリンクを+300円、400円のジェラートを+200円で追加可能。 

シングルでも納得の値段なのに、ダブルサイズの太っ腹。

ジェラートは唐辛子(満願寺)と麻種(おたね)を注文。他に生姜・黒胡麻・カカオニブも。

万願寺唐辛子って辛くないんですってね。それとも自社農場産だから尚更か。こんな辛そうな見た目なのに全く辛くはなく、レジで聞いたらテーブルの七味を付けて食べて・・・って提供時に言って欲しかったです。

麻種はナッツのように香ばしい麻の実。

単独行動時にお土産を買いに来て、ジェラートをまた食べようか迷っていました。

f:id:totetu:20170420204517j:image

近くにスラリとしたクール系カメラ女子(それもかなり大きめ)がいて、カレーを撮ってから髪を結わえ、食べ始めた様に目眩がしそうでした。