読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

「ひの木」 結婚記念日のお祝い

舞台

早いものでもう一年。
結婚記念日の今日がたまたまローテ休みなのが、良いようなプレッシャーのような。
夕飯は嫁の帰りが遅かったので第二候補の「ひの木」でお祝い。
内容は全く分からないけど、3000円のコースを注文。

先付けの月見とろろ。
出汁が美味い。常連になって、〆にメニューにはないとろろ飯を頼みたいと後々話題に。

お造りは車海老、万寿貝(白貝)、真鯛?、鰹?
車海老は水槽から揚げたばかりで、頭がピチピチ。
車海老も真鯛も身が新鮮で、これでもかというくらい締まっていました。

先ほどの車海老の頭を炙ったもの。

平政の西京焼き。

鯛頭あら焚き。
前に注文した時はたぶん嫁がほとんど食べたんでしょうね。タレとゴボウの味しか覚えていませんでした。

かに味噌蒸し。
茶碗蒸しの具材がかに味噌のみ、みたいな品。
あっさりした贅沢な大人の味でした。

香箱ガニ
金沢の冬の味覚。もう解禁したっけ?と不思議に思っていたら、解禁済みの新潟のものでした。
も少し寒くなったら、内子・外子がもっと旨味が増すんでしょうね。

〆の稲庭うどん
稲庭うどんってこんなに美味いんですね。
ここの主人は秋田の方だったはずで、冬になったらきりたんぽ鍋も楽しみ。
昨年の冬に秋田の乳頭温泉郷の「孫六温泉」の夕食でも食べました。

本当の〆にしめ鯖を追加。
大将の自慢の品らしい、この頃にはアルコールがなくなっていたのが残念でした。