読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

ジビエを味わえる居酒屋「山海里」

松任駅のそばにある2月にオープンした、
ジビエ料理が食べられると話題の「山海里」に行ってきました。
開店と同時の17:30スタートで、面子は「ほむほむ 食べ歩き会」の3人(笑)。

刺身の盛り合わせと、前菜の盛り合わせ。
前菜は2度聞いたけど、はっきりとは覚えていず。
左からスモークチーズ、猪の?、鶏の?、
豚のパテ?、豚の生ハム?、猪の煮こごり。
初めて食べる、ここでしか食べられない独特の味でした。

熊刺し 1200円。
意外と癖がなく、脂が乗った馬刺しのよう、
それもさしの入った大当たりの。

生ハム。
普段食べる塩気が強くペラペラの柔らかいのとは全然別物でした。
カウンターに豚と思しき足が置いてあり、削ぎ落としての提供。
癖になりそうな味、生ハム同盟。

蛸の唐揚げ。
ジビエ以外のメニューも豊富でした。
「サクサク」?「パリパリ」?揚げ出し豆腐も、
何気ない枝豆やフライドポテトも美味しかったです。

野菜がごろごろ入ったピクルス。
酔いの回った口にはちょうど良い酸味で、箸が止まらない。

熊串焼き、うずらのもも。
たしか前者は1本300円、後者は4本で780円。
熊自体の味か香草か、かなり癖のある味ではあるけどたまりません。

〆は醤油焼きそばと自家製の肉まん。
博多ラーメンのような超細麺の焼きそば。
ドリンクは3人で10杯強、会計は確か19200円。
それほど高くはなく、満足度はかなり高く。
電車に乗る必要はあるけれど一人飲みもしやすそうで、
近いうちにちょい飲みしに来ようと思っています。