読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

東京旅行4 浅草ホッピー通り

5月9日(土)ホテルにチェックインして1時間ほど休憩。
浅草寺方面へ飲みに行った18:00〜20:30の話。

今回の旅の主な目的は浅草ホッピー通りで飲むこと。
2012年6月に友人に連れられてハシゴして2軒。
気に入ったので2013年6月には1人で「赤とんぼ」と「三幸」で飲み。
今回はとりあえず「大勝」という店に入ってみました。

特製牛すじ煮込み 600円。
煮込み方が足りないのか単に好みでないだけなのか。
期待感が強かったこともあり残念な浅草初の肴でした。

ホタテバター焼 800円。
美味しいに決まっていますよね、ビールも箸も進む進む。

焼とり(3本) 400円。

肴メニューは若干少なめ?
生中は600円とちょっと高めで、生中1杯ずつ飲んで3000円で終了。

ホッピー通りでもう1軒行きたかったけど、
父が焼鳥や焼き魚を食べたいというのでホッピー通りを離れ、
サンデー・ジャポン』にも出ていた鯨専門店を発見(してスルー)。

2軒目は旨い焼鳥が食べられそうな「浅草弥太郎 本店」へ。
くじらベーコン 680円。
友人と初めて食べた時にハマり、
鯨=浅草というくらいに待ちに待った一品。
歯応えのある大トロという感じで満足感がとても高い。
この後に赤肉刺しを注文したら品切れだったので無念。

焼鶏は1本100円。
先ずはぼんじり・皮・レバー・シロを2本ずつ。
特にぼんじりと皮が美味でした。

キス天とニンニク天。
天ぷらは1品100〜120円だったかな。
ニンニク天は匂いが気になるかもと言いつつ追加。

ぎんなん揚げ 300円。
小さくて缶詰のものっぽいけどこの値段なら全然OKの良いツマミ。
隣にいた小4くらいの娘さんのいる群馬県から来た同年代の家族に話しかけ、
帰るまで5人で会話が続く賑やかな飲みになりました。

まぐろぶつ 380円。
2人で生中を3杯(390円)。
ホッピーは白と黒を分けて「中」も追加。

メニューは他に焼鶏用と天ぷら用があり、
200〜380円の肴が中心でリーズナブル。
接客はとても悪いけど酒も肴も美味しく楽しく6100円也。
父も満足してくれて何よりでした。
父をホテルに送り届けてから3軒目と思っていたのに、
スーパーに寄っていたら雨が降り出してこの日は残念ながらこれにて終了。