読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙滴型宇宙艇

主に石川県の食べ歩き。

大乗寺丘陵公園 花見

f:id:totetu:20170410190529j:image

近所の大乗寺丘陵公園で花見をしました。

いつもの友人2人と嫁と嫁の元同僚の合計5人。リア充

「今年の目標はBBQ!」と叶わぬ願いを毎年している我らの初めの一歩となりそうです。

f:id:totetu:20170410190555j:image

シートを敷いての花見(に限らずこんなイベント)って、幼少の頃を除くと学生時代に奈良の平城宮跡と埼玉の入間や所沢で働いていた時にバイトを連れて、と言うのしか思い出せない・・・。

広大な敷地の総合公園の「お花見広場」は15:00スタートと遅く、肌寒かったのでシートを敷いているのは数組。

f:id:totetu:20170410194538j:image

嫁はお重にラザニア、焼鳥、春巻、細巻など早朝から頑張って作ってくれ、友人からは「うら田」の花見団子、かりんとう饅頭の差し入れ。f:id:totetu:20170410190605j:image

ほどよく酔っていたのと、最近買った「ユニクロ」のウインドブレーカーの性能が良く、寒さもたまに当たる霧雨も気にならず。

90分ほど経って流石に、と言う空模様になってきたので解散

その後は男3人で「ひの木」で飲み直しました(反省会?)。

f:id:totetu:20170410190857j:image

午前中にバケットを買いに行った帰りの、泉丘高校の桜。

f:id:totetu:20170410190800j:image

先週日曜に下見に来た時の大乗寺丘陵公園。

長い階段や坂を登ると金沢市街地や彼方には日本海を見渡せます。

f:id:totetu:20170410190843j:image

昨日の帰りは兼六園の無料開放と花見とイベントで、いつものルートは大渋滞。

行きたかったイベントは駐車できそうになかったので、素通りして帰ってきました。

中央の変な模様の物は、石川県観光PRマスコットキャラクターの「ひゃくまんさん」の後ろ姿。

たぶん中で子供が入って遊べる遊具バージョン。

「はま寿司」、小川糸

4日(火)、「星乃珈琲店」の後に実家へ。

ランチに行こうと言うことになり、いつもの「はま寿司」へ。

f:id:totetu:20170406183039j:image

合鴨。

f:id:totetu:20170406183045j:image

食べたいよりも撮りたいだけかもしれない、あさりのラーメンもチーズフォンデュも完売で残念。開店直後だから昨日で売り切れて配送待ちなのか、準備がまだなのか。

([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)

([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)

 

小川糸さんの『食堂かたつむり』。

([お]5-2)喋々喃々 (ポプラ文庫)

([お]5-2)喋々喃々 (ポプラ文庫)

 

『喋々喃々』はたしか不倫の話。 

ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)

ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)

 

こちらは日記エッセイ、ブログの書籍化。作品紹介を見るとこれは2007年分のだそう。

 いつの頃からかペンギンと暮らしてみたいと思ったけど無理なので、旦那さんをペンギンと思うようにした、と言うところから始まっています。

前に読んだ記憶があまりないんだけど、文体も雰囲気も良くブログの更新チェックができるように「はてなアンテナ」に追加しました。

図書館で他の本も借りてみようかな。

 

 

 

「星乃珈琲店」、小川洋子

平日休みの今日。のんびり美味しいアイスコーヒーでも飲みたいと思い、「星乃珈琲店」でモーニング。

軽めに朝食を食べた後だったので、サラダモーニングを注文。トーストはしっとり、申し訳程度にハムと茹で卵。フレンチドレッシング?がとても美味でした。

f:id:totetu:20170405164328j:image

旅行雑誌を眺めつつまったり。

年末に異動になってから肉体労働の割合は高くなったものの、通勤距離も精神的にもかなり楽になりました。それと寿司は握れるけど、おにぎりも握れるようにもなりました。

ただ前よりも1時間以上早い起床で、5:00前後には会社に着いていることがほとんど。数日前に鏡を見たときの目の下のクマの大きさに唖然としました。

帰宅時間はぎりぎりランチタイムに間に合うので、会社で昼食を食べるけれどもどこかでランチを食べて帰ることもしてみたいです。 

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

 

今年こそは断捨離(主に文庫本)をと、自分のために処分していく本の一部をアップしていく予定。

気になる映画があったら文庫本を読んで満足すると言うのがほとんど。

博士の愛した数式 [DVD]

博士の愛した数式 [DVD]

 

その中で小川洋子さんの『博士の愛した数式』は読書後にDVDも買いました。

夜明けの縁をさ迷う人々 (角川文庫)

夜明けの縁をさ迷う人々 (角川文庫)

 

 

博士の愛した数式』が良かったから買ったであろう短編の方は少しエログロな奇妙な作品で、再読は読み切るのが無理でした。